« | »

2014年01月28日 (火)

『ディーふらぐ!』第3話「府上学園フリーダム祭。通称フフ祭」

大絶叫堅次
これこれ
ここの堅次の絶叫とか全然イメージと違うよね。
開幕から微妙な気持ちにさせてくれました。

酷い大沢先生
「スタッフに大沢先生の尋常じゃないファンがいて他のどのキャラの作画が崩れても大沢先生だけは描ききる」というジンクスが崩れる。
たった2話の間だけだったけど夢をありがとう。

デフォルメ芦花さん
ハーカワイイ。
デフォルメ芦花さんホンット可愛いな!
ため息が出らぁ。

動いている『スーパーマリリン』
動いている『スーパーマリリン』が!
『スーパーマリリン』が動いている!
こういう時にアニメ化の恩恵をマックス感じます!
他の部分ではオープニング、エンディング、キャラクターソングを含めて一切感じません!

ミッフィー芦花さん
ミッフィー芦花さん。
堅次の表情もそうだけど、時たまこう、雰囲気の全く違う画をブチ込むっていうのはすごくいいと思うよ。
テレビの前の僕達も驚きを共有できる。

匍匐前進芦花さん
うわっ、気持ち悪っ!
可愛い可愛い言ってたけどなんか気持ち悪いわここ。
この後の高尾さん視点でもやっぱり気持ち悪かったです。
評判が良かったからといって多用してはいけないという教訓を与えてくれましたね。

後頭部ガード
ここの動きがなんかコントを見ているみたいだった。
具体的に何がとはいえないけど行こうとして行けない感じが、なんとなくさ。
具体例を挙げなくても察しろって!
漫画の時は何も思わなかったけど実際に動きをつけるとやっぱり違うもんなんだなぁ。

ガッツポーズ高尾
ガッツポーズ高尾。
地面に当たってもまばたきも何もしない芦花さんが地味に怖い。
本当に人形と化しているというのか!?

闇化
わざわざ文字入れなくても闇化してるってみんな分かるから。
大丈夫だって、安心しろよ!

……もしかして今の子供達ってこんなことまで解説入れないと分かってくれないの?
嘘でしょ?

宇宙エロ本争奪ゲーム
『ディーふらぐ!』といえばヤッパこのゲームだよな!
『スーパーマリリン』ってなんだよ。
笑わせるなっつの。

モブ親子
『ディーふらぐ!』名物のモブ親子。
このシーンも好きなんだけど音声まで付けられるとちょっとくどい。
もっとアッサリ風味にできれば良かったのかもね。

揃い踏み
高尾さん小さいな!
烏山生徒会長の次ぐらいに背ぇ高いもんだと思ってたよ。
まさかゲーム製作部副部長よりも小さいとは。

無能副部長
集客のためにメイド服コスプレはするが高尾さんという最大戦力は一切利用しない無能副部長。
計測係にしたことだけじゃないよ!
普通の制服なこともそうだし、他にも使い道なんていくらでもあっただろオラァ!

パンツ丸見え子さん
生徒会のパンツ丸見え子さんが気になる。
ま、視聴者的には見えないんですけども。
「堅次の位置からは見えている」と思うだけで幸せな気持ちになれるから大丈夫です。

演出
なんだこの演出!?

がっかりイリュージョン
がっかりイリュージョン!?
がっかりイリュージョンじゃないか!
これは高尾さんも褒めていたし、一見面白そうなんですがリアルでやると目も当てられないことになるのでやっぱりダメです。
アニメの中に留めておくに限ります。

猿桜
ここの猿桜で桜の可愛さが爆発したよね。
声まで含めて最高なんじゃあ~。

色々と怖い
影の付き方がヤバい。
あと目の笑って無さもヤバい。
なんかもう色々と怖い!

涙目高尾さん
迫真作画の涙目高尾さん。
取り上げておいてなんですがどうでもよかったわここ。
泣き顔スキーに捧ぐ。

M人英雄伝アタル
『M人英雄伝アタル』
Mの人的にどっちがいいのか分からないけど烏山生徒会長が靴下で踏んでいるのがエロいと思いました!
これはMレベル的にはどうなんでしょう。
やはり靴を履かれて足の裏にすら触れさせてもらえないという方がポイント高いのか。

タグ: , , , ,

« | »

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Return to Top ▲Return to Top ▲