« | »

2012年09月26日 (水)

ぎっちょんちょん!

則スケジュールで行われた真秋の夜の『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』身内戦祭り開催。
『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』アルケーガンダム 敗北 身内戦投入2回目にして早くも現在のアルケースタイルに限界を感じる。
アタックボーナスは安定して勝利ラインに乗っているんですがどうにも勝ち切れない。
となるとダメージの食らい過ぎしか原因は無いワケで。
与えている以上にもらっちゃってるワケですね。

思い当たる節はありすぎてぐうの音も出ない。
何と言っても格闘コンボのカットされ率ですね。
初段からN格闘に繋いだ瞬間ほぼ最速でカットされます。
『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』アルケーガンダム 横格闘 これはBD格闘や虹ステ横格闘を多用するようにして対処すれば多分何とかなるんじゃないでしょうか。
N格打ち上げコンボが気持ちいいからってこればっかり狙ってるのがバレてーら。
こうなることもある程度分かっていてフリーバトルでBD格闘の性能を少し調べたりしてたんですけどね、所詮はサブ機体なので試合が始まればそんな目論見は忘却の彼方へと行ってしまわれましたわ。


とは味方をほっぽって先行しすぎなのも多分間違いなし。
『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』アルケーガンダム 横特殊格闘 多分これはアルケー乗りが一番最初に犯しがちなミスのはず。
機動力は2500の格闘機相応にある上に横特殊格闘がアホみたいな延びしてますんでね。

『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』アルケーガンダム 前格闘 そして決められるところでは前格闘のダウン起こしをキッチリ決める。
これはアルケーだけの特権なのでよく忘れて普通のダウン追い打ちしちゃったりするのがヌルすぎ。
ダメージを喰らうんならそれ以上に与えたらええやん。
ええやん。

ここら辺に注意して次の身内戦に臨みたいと思います。
俺のアルケーはまだ発展途上だから!
こっからだから見とけよ!


いでにスサノオも最近面白い。
完全に格闘機ブームが来てますわ。

『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』スサノオ N格闘 久しぶりに触ってるけどやっぱり難しすぎ。
評価通りの性能を発揮しようとしたらシャアゲルググより練習が要ったりするんじゃないのコイツ?

コイツで近付く手段を考えるのはアルケーにもフィードバック出来ると思うのでまた合間に使っていきます。
格闘機ばっかり相手させられるのはさすがにウンザリだろうからもちろん他の機体も適度に混ぜていきますけどね。
7000試合超えたけどまだまだやりたいこと、やりたい機体がいっぱいでオラすっげぇワクワクしてきたぞ!


さんに「俺がシーブックを嫌い説」を提唱されていて驚愕する。
『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』シーブック・アノー 俺が嫌いでシーブックのモノマネしてると思ってんですか?
好きだから、憧れてるから真似してるんだろ! いい加減にしろ!

小さな女の子だって好きなアイドルの真似とかするじゃないですか。
あれと一緒ですよ。
あれのクオリティ高い版です。

言っとくけど俺『ガンダム無双』とか他のガンダムゲームまでやってシーブックの特徴勉強してっからね。
そこいらのニワカシーブックファンとは愛が違います、愛が。

タグ: , , , , ,

« | »

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Return to Top ▲Return to Top ▲