« | »

2013年02月08日 (金)

パイロット性能のぶつけあい

『第2次スーパーロボット大戦OG』
バラル軍の幹部勢を皆殺しにする第61話。
『第2次スーパーロボット大戦OG』第61話 Gバンカラン カラン・キック いよいよ妖機人さん達も見納めということでとりあえずカラン・キックを決めておく。
ありがとうさようなら。

のちに登場する幹部勢達にも言えることなんですがこれが最後だと思うとなんか惜しい気もしてきますね。
「嫌う」ということは少なくとも印象には残っているということで。
強烈な個性との別れは敵であろうとも悲しいものなんだなぁ。

なんて言っておきながら2周目でまた同じようにキレながらプレイするんだぜきっと。
完全に頭おかしいなコイツ。


ういやスピリットドレインを試してねぇやってことで饕餮王に撃ちこんでみる。
『第2次スーパーロボット大戦OG』第61話 饕餮王 スピリットドレイン その位置はマズいですよアリエイルさん!

精神ポイントを吸い取るのになんでこんな下の方に撃ちこむんでしょうか。
吸い取りエフェクトもアレだし、開発はまさにこの瞬間を狙っていた可能性が?
入手した次の話で饕餮王が出てくる辺りあながちありえないとも言い切れんのじゃないかしら。

ちなみに饕餮王を始めとするこのマップのボス級は全員「パイロットブロック」持ちなので完全な使い損でした。
その辺にいっぱい居るザコに使っとき。


を何度も萎えさせてくれた泰北三太遊が恐怖のエースボーナスを引っさげての最終決戦。
『第2次スーパーロボット大戦OG』第61話 パイロットステータス 泰北 これ以上硬くなっちゃって一体どこを目指しているんですかねぇこのジジイは?
本当言うと「鉄壁」なんか1ターン放っておけば解けるのでさほど脅威でもないんですが。
一応怒っておいた方がいいかなと思いまして、ハイすみません。

そういえば今頃気付いたんだけどこんだけ防御面に特化した性能なのにパイロットスキル「ガード」は持ってないのねコイツ。
ユニットスキル「神獣盾」と合わせればコントローラーをブン投げるぐらいには鬱陶しかっただろうに。
開発陣の優しさに感謝。

で、色々あって結局「鉄壁」を使わずに退場させる。
エースボーナスを設定した意味を無くさせていくスタイル。


のマップの大ボスで久しぶりにアリエイルさんの「再攻撃でボッコちゃんボッコちゃん作戦」が阻止される。
『第2次スーパーロボット大戦OG』第61話 戦闘情報確認画面 実に9マップぶりの再攻撃阻止です。
あとレベルが1高かったらちょうど20差になって再攻撃できたんですけどね。
もっとこまめに「応援」かけとくんだったー!
後悔先に立たず。

しかしこうやって振り返ってみると第52話の時点で私が参考にしたコンターギオの「技量」って相当高かったんですね。
あんなスーパー系丸出しの容姿とユニットをしているくせにね。
でもゼンガーとかリシュウの「技量」がチーム内でもかなり高い方なことを考えるとむしろスーパー系の方が高めなのかしら。
イメージ的にはリアル系の方が高そうな気はするんだけど。

まぁそんなことはもうどうでもいいです。
あと何話あるのか知らないけど技量に+10ぐらいしてこの先のボス全員を白目剥かせてやっか。

タグ: ,

« | »

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Return to Top ▲Return to Top ▲