« | »

2013年02月13日 (水)

見た目大事

『第2次スーパーロボット大戦OG』EXハードモードプレイ記第3話。
『第2次スーパーロボット大戦OG』EXハードモード 第3話 イベント エリス あぁ~、エリスさんとヤンロンのやり取りが最高なんじゃあ~。
ヤンロンの冷静煽りに激情するエリスさん、という流れが美しい。
『EX』当時の記憶なんかもうほとんど残っていないけどリューネ編最高やな!

そんなエリスさんのパイロットカットインを見たいがためにギルドーラの全武装を出させてみるもカットインは無し。
『EX』の頃の最強武装だった対地ミサイルが無くなったせいかコラァ!
『第2次スーパーロボット大戦OG』EXハードモード 第3話 ギルドーラ プラズマソード プラズマソードが本作の最強武装て!
抜刀モーションはなかなか格好良かったけども!


3話のSRポイント取得方法はこんな感じ。

  1. 援軍のキョウスケとヤンロンでツインユニットを組ませる
  2. 単機のリューネがエリスさんにクロスマッシャーを1発
  3. 『第2次スーパーロボット大戦OG』EXハードモード 第3話 ギルドーラ 撃墜
  4. キョウスケ、ヤンロン組で密着してリボルビング・バンカーとフレイムカッターをブチ込む
七面倒臭い援護攻撃なんか必要ねぇんだよ!

そして隙あらばキョウスケのパイロットスキル「強運」で資金を少しでも多く稼ごうとするプレイヤーの鑑。
EXハードモードじゃ資金は撃墜された時の修理費にしか使えないんですがそれでも一応ね。
今使えなくても次周に持ち越し出来るし、稼げるところでは稼ぎますよ僕ぁ!


クサク進めるのが楽しすぎて結局こればっかりやっている第4話。
1話に2時間ぐらいかかっていた終盤から15分でクリアできる序盤への華麗な転身はクセになりますな!
じっくり敵ボスを殺すのもいいけどちょっと考えてすぐに殺すのも良い。

1周目では味方になった瞬間から封印し続けて結局一度も出撃させなかったジガンスクード・ドゥロを初めて使う。
というより強制出撃イベントで使わざるを得ない。
『第2次スーパーロボット大戦OG』EXハードモード 第4話 ジガンスクード・ドゥロ 手がデカすぎるんだよなぁ。
デカすぎるって手ぇ! 手がデカすぎるんだよなぁ。手ぇデカすぎるってー! デカすぎるって手ぇー!

でもいざ使ってみると意外と使いやすい性能で封印していたことをちょっと悔やむレベル。
HP も装甲もあるし、武装は使いやすいし、機動力以外は本当に穴がないんじゃないかしら。
まだ1マップだから遠距離戦がどんな感じか掴めていないけど移動後に使える武装に関しては文句ないよ。本当に。

『第2次スーパーロボット大戦OG』EXハードモード 第4話 ジガンスクード・ドゥロ ジガンテ・ウンギア 必殺技「ジガンテ・ウンギア」で手のアンカーが外れたところを見る。
悪くない!
やっぱり手のアンカーが全部を台無しにしてるんだな。
ウンギアの演出でアンカーで敵を掴むところは好きなんだけどやっぱりあのデザインは無いってー!

手がデカすぎるってー!


4話のSRポイント獲得についてですが、カチーナ・タスクをツインユニットにして南下。
『第2次スーパーロボット大戦OG』EXハードモード 第4話 初期配置 ラッセルを単独で東進。
あとは味方の増援で近いところを殺していけば勝手に取れますハイ。

こんな序盤にしてもう敵の回避率が高すぎなんですが、キョウスケの精神コマンド「連撃」があるので一手足りない時はそれで何とかしてください。
セーブ&ロードを駆使して全弾当てれば使わなくても獲得できます。
その場合は「連撃」で敵ボスに接近すればこのマップにかかるターン数を減らせるんじゃないでしょうか。

そんなことよりもこのマップはボスのムラタさん殺しです。
HP6000 以下で撤退するんですが強化パーツの「A-アダプター」が欲しすぎるので是が非でも殺したいところ。

『第2次スーパーロボット大戦OG』EXハードモード 第4話 敵ボス包囲網 上手に削った後こんな感じで囲んでジガンテ・ウンギア、ジェット・ファントム、援護攻撃クロスマッシャーで落とせます。
気力によってちょっと変わってくるとは思いますが、ダメージは前から 3715+1708+2591=8014 で 2000 ぐらいはオーバーできまっせ。

『第2次スーパーロボット大戦OG』EXハードモード 第4話 GET RESULT 修行 次周への持ち越しは資金よりも PP だ!
ということでキョウスケの「強運」よりもタスクの「修行」を選択。
その考えはいつか自分の首を絞めるぞ!

タグ: ,

« | »

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Return to Top ▲Return to Top ▲