« | »

2013年03月27日 (水)

おいでませ地底

『第2次スーパーロボット大戦OG』EXハードモードプレイ記第46話「リューネ・カプリッチオ」
前話終了時に手に入ったステルス・ブーメランを誰に持たせるか悩んだんですが、攻略まとめ Wiki に「エクセレンに持たせると面白いよ」的なことが書いてあったので採用。
『第2次スーパーロボット大戦OG』EXハードモード 第46話「リューネ・カプリッチオ」 ツインバトル R-GUNパワード&R-2パワード OK、確認しました。
次のマップからはちゃんと性能的に噛み合う機体&キャラクターに持たせます。

今のところフェアリオンが有力でしょうか。
長射程の非ALL属性武器がない上にWゲージ量も少ないので EN 非消費かつ弾数無限飛び道具は喉から手が出る程欲しいですもの。
Wゲージ量が足りるかはまだ確認していないけど、シシオウブレードとブーメランを持たせれば敵陣に突っ込ませて一生戦わせられるで!


れまた前話終了時に手に入った隠し換装武器「グラビトン・ランチャー」の試し撃ち。
『第2次スーパーロボット大戦OG』EXハードモード 第46話「リューネ・カプリッチオ」 ツインバトル R-GUNパワード&R-2パワード 必殺武器「集束荷電粒子砲」と EN を取り合いになるけど、それ以外の武装とはバッティングしないのでラーズアングリフ・レイブンに持たせました。
正直、全部の武器が優秀すぎてそこまで連発しないしね集束荷電粒子砲。

ビックリするぐらい演出が短いこと以外は特に言うこと無し。
隠し換装武器だというのにこのやる気の無さは一体何だ。
もっとグラビトンなところを見せつけて行こうぜ。

試し撃ちのついでにラーダさんのエースボーナスを取得させておきます。
仲間になって以来、精神コマンド要員としてレギュラー出撃中ですが敵と一度も交戦させていませんからね。
一生後ろで精神コマンド使わせてりゃええねん。

『第2次スーパーロボット大戦OG』EXハードモード 第46話「リューネ・カプリッチオ」 ツインバトル R-GUNパワード&R-2パワード 計算し尽くされたプレイによりこのマップだけで12機落として丁度50機に到達。
ちょっと美しすぎるだろ……俺の軍略。


EXハードモードでのSRポイント獲得について。
攻略まとめ Wiki にはノーマルモードのしか載っていないのでアドバイス。

開幕はリューネメインでザッシュと合流。
ザッシュの「加速」、リューネの「集中」「闘志」を使用する。
東に2マス、北に4マス移動させて何もせずにターン終了。
『第2次スーパーロボット大戦OG』EXハードモード 第46話「リューネ・カプリッチオ」 ヴァルシオーネR クロスソーサー 敵のターンは全てクロスソーサーで反撃、ザッシュは回避 or 防御。
2ターン目に「集中」サイコブラスターで皆殺し。
これでSRポイントは獲れると思います。
ハイパー・ビームキャノンだと「闘志」を使ってもダメージが足りないので注意されたし。

『第2次スーパーロボット大戦OG』EXハードモード 第46話「リューネ・カプリッチオ」 GET RESULT サイコブラスター前にリューネの「努力」、プレシアの「祝福」を使うことでこんなことに。
これでも本隊のエース勢には追いつけない程度にはレベル差があります。
ラ・ギアスぬるま湯だった。


スのアクイラさんはエースボーナスが面倒くさいので発動前の HP から一気に殺すのが吉。
『第2次スーパーロボット大戦OG』EXハードモード 第46話「リューネ・カプリッチオ」 アルトアイゼン・リーゼ 「熱血」ランページ・ゴースト ダメージ そろそろキョウスケやリオさんが「熱血」を覚え始めるので余裕だと思いますです、ハイ。
育成を怠って覚えていない人は知らん!
33000 オーバーを一気に削らないとダメなので「熱血」無しだとちょっと厳しいかしら。

『第2次スーパーロボット大戦OG』EXハードモード 第46話「リューネ・カプリッチオ」 REPORT SSPドリンク 隠し強化パーツ「SSPドリンク」も無事ゲット。
持たせる候補は3~4人いるのでちょっと考えさせてください。

タグ: ,

« | »

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Return to Top ▲Return to Top ▲