« | »

2013年04月04日 (木)

自責の念

『第2次スーパーロボット大戦OG』EXハードモードプレイ記第53話「封印の予兆」
嫌な方に印象深いマップ再来。
『第2次スーパーロボット大戦OG』EXハードモード 第53話「封印の予兆」 アレス・ガイスト C.U.N. 何と言っても冒頭のアレス・ガイストの強さ。
一周目でSRポイントは獲得しているので今回は全員で蜘蛛の子散らした状態です。
無改造で戦えるような相手じゃねぇ。

SRポイントを狙わないならアリエイルさんで一生「ひらめき」をかけてるか、アクセルさんで一生「防御」+「HP回復(大)」していればいいと思います。
その間に他の味方機は本隊の増援場所に向かって移動で。
『第2次スーパーロボット大戦OG』EXハードモード 第53話「封印の予兆」 フリッケライ・ガイスト 移動 私は作戦の練り上げができていなくて全員で逃げちゃいましたが、ドゥバンくんに本隊を狙われないように初期位置で時間を稼いでいるのが吉。


んなドゥバンくんに加えてのバラル軍が相手ということで阿鼻叫喚の地獄絵図。
『第2次スーパーロボット大戦OG』EXハードモード 第53話「封印の予兆」 イベント 泰北 二周目だけどやっぱり嫌いだわーこのマップ。
イベント内容とか増援位置が分かっているから簡単になってるはずなんだけどね。
なんて言うか、全てが面倒くさいんだよここは。
ボスの目の前に湖地形まであるし。

『第2次スーパーロボット大戦OG』EXハードモード 第53話「封印の予兆」 ジガンスクード・ドゥロ ジガンテ・ウンギア ボスは2人居る内の好きな方を殺せるんだけど撤退 HP の低いマガルガで。
一斉掃射と一人目のカイさんで殺しちゃう。
これなら雀武王の方に挑んで見ても良かったかもね。

今回30話ぶりぐらいにカイ始動のマキシマムブレイクを使ってみたけど普通にこれが最強っぽいですね。
やはり「魂」と「アタッカー」を両方持っているというのは卑怯である。
「熱血」までしか覚えないキョウスケのランページ・ゴースト始動はカイが「魂」を覚えるまでの繋ぎでしかなかったんやな。
これでキョウスケを使い続ける意味がかなり無くなりました。
代わりに別の機体を入れるか、合体技のために使い続けるかはまた後で考えます。


言通りサーベラス・イグナイトの試し乗り。
『第2次スーパーロボット大戦OG』EXハードモード 第53話「封印の予兆」 ステータス サーベラス・イグナイト(G) 改めて見ると足の辺りがあんまり格好良くないけど、まぁいい。
オメェの力を見せてみろ!

『第2次スーパーロボット大戦OG』EXハードモード 第53話「封印の予兆」 サーベラス・イグナイト(G) ケルベロス・ファング 性能云々よりもタンデムシートであることを思い出させてくれるパイロットカットインにいたく感動する。
2回もカットインする上に、フィニッシュの方は合体技「ランページ・ゴースト」のフィニッシュ級に力の入ったカットインです。
ガルムレイド・ブレイズは一人カットインしか無いからこれは大きなアドバンテージですよ。
やっぱり”キャラ愛”なんだよなぁ……

性能面はやはり格闘機丸出しな射程の短さとALL属性武器無しという点が使いづらい。
「空A 陸B」という地形適応も地味に相方を選びます。
防御面に関しては運動性が高くてTEスフィアを持っているのでガルムレイド・ブレイズとは別物で強いです。
あっちは避けない分装甲値が高めになっているので好きな方を選んだらええ!
回避は正直運任せな部分もあるのでそこでプレイヤーの性格が出そうですね。
20%代を普通に2回連続で当ててくる CPU 嫌い。


ーベラス・イグナイトの魅力にも気付けたこのタイミングでルート分岐。
『第2次スーパーロボット大戦OG』EXハードモード 第53話「封印の予兆」 SELECT-SCENARIO 宇宙ルート さらばサーベラス・イグナイト。
その上カイ少佐まで取られるのか。
カチーナさんが「魂」「統率」持ちだけど「アタッカー」が無いのでさすがに一段落ちます。
チックショオォォ!

タグ: ,

« | »

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Return to Top ▲Return to Top ▲