« | »

2013年04月11日 (木)

成果発表会

『第2次スーパーロボット大戦OG』EXハードモードプレイ記第59話「デザイア」後半戦
エースユニットの「覚醒」「期待」「再動」でゴリ押しした一周目を経ての再戦。
今回私が出撃ユニットを決定する上で重視したのが、

  1. 鬼の如き命中率を誇る大ボスの攻撃ですら回避できる
  2. 2回行動してくる大ボスの攻撃を耐え切ることができる
  3. ユニット技能「分身」もしくはパイロット技能「ラッキー」を持っている
この3点です。

1. に該当できるのは SRX チームとオクト小隊だけだと思います。
強化パーツの効果に加えて信頼補正を何重にも乗せないとコイツの攻撃を避けきるのは厳しいんじゃないかと。
そんなワケで今回は SRX チームでやってみることに。
オクト小隊はレオナ様しか回避寄りなパイロットが居ないんだよなぁ。

『第2次スーパーロボット大戦OG』EXハードモード 第59話「デザイア」 ユニットデータ ART-1&R-GUNパワード 強化パーツをこれぐらい積んで SRX の信頼補正とヒリュウ改の指揮効果を合わせると、

『第2次スーパーロボット大戦OG』EXハードモード 第59話「デザイア」 戦闘情報 こんな回避率が叩き出せます。
完全にとはいきませんでしたが個人的には満足。
私は他の機体に回して甘えちゃいましたが1個しか無いレア系強化パーツもコイツらに積めば完全な対処が可能になりますね。
2回行動の内の1回はマップ兵器なのでしょうがないですが、2回目の通常攻撃をこの2人に引き受けてもらえばかなり安定するんじゃないでしょうか。


2. は完全に失敗策でした。
『第2次スーパーロボット大戦OG』EXハードモード 第59話「デザイア」 ユニットデータ ビルトラプター・シュナーベル&アーマリオン 装甲系の強化パーツを積んではみたんですが

『第2次スーパーロボット大戦OG』EXハードモード 第59話「デザイア」 ファートゥム オルクス・テレブラー ゲロ痛。
もちろん「同調」でパイロットステータスの防御値はラッセル側に合わせてのダメージです。
ラッセルをメイン側にして「底力」を発動させて防御すればG・ウォールで攻撃を無効化できる程度には硬いんですが、そうなると今度はカチーナの「魂」が真価を発揮できないことになります。
結果あちらを立てればこちらが立たずな状態に。
残念。


略まとめ Wiki にも載っていない完全私オリジナルの作戦である量産型ゲシュペンストMk-II・タイプC狙撃班の活躍をご覧あれ。
『第2次スーパーロボット大戦OG』EXハードモード 第59話「デザイア」 ツインバトル 量産型ゲシュペンストMk-II・タイプC パイロットの射撃値はリオさんの方が高いんですがリョウトくんが「魂」持ちなのでメイン側は状況に応じて切り替えてください。

『第2次スーパーロボット大戦OG』EXハードモード 第59話「デザイア」 ツイン・ビームカノン(集束) ダメージ イケるやん!
「魂」を使って他の機体の「熱血」並のダメージというのが悲しいですが全く機能しないというワケではなさそう。
攻略まとめ Wiki に載せてもらえる程の効果はお見せ出来なかったのが残念。

恋愛補正を乗せるためにツインユニットで撃っちゃったんだけど別々に撃った方が強いのかしら。
でもバラした上で恋愛補正を乗せようと思うと急にハードルの高さがハンパないことになるからあまり現実的じゃないか。
結局ツインユニットで撃つのが良い落とし所だと思いますですハイ。


事撃破。
『第2次スーパーロボット大戦OG』EXハードモード 第59話「デザイア」 GET RESULT ファートゥム 精神ポイントが余りまくって「努力」「幸運」「修行」で余裕の勝利でしたわ。
「期待」要員も4組用意していたのに全く使わず全余り。
こんなことなら前座ボス達も「幸運」「修行」で殺しておくべきだったよ!

『第2次スーパーロボット大戦OG』EXハードモード 第59話「デザイア」 強化パーツ カートリッジ 長期戦も覚悟していたんですがわずか3ターンで倒せちゃったし正直ビビりすぎな感はありましたね。
狙撃班は正直要らないのでアクアさんはガルムレイド・ブレイズに、リョウトくん&リオさんは近接火力のある機体に乗せたれ。
余っていた精神ポイントで「覚醒」「再動」を使いまくっていれば2ターンで屠ることもできたんじゃないでしょうか。

誰こいつを”破滅の王”って言った奴は!
誰だよこいつを”破滅の王”って言った奴は出てこいよ!
追い返してやるよ俺が!

タグ: ,

« | »

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Return to Top ▲Return to Top ▲