« | »

2013年04月28日 (日)

少年心

『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』身内戦を振り返る。
ゴールドフレーム天のミラコロ射撃派生をボチボチ当てられるようになってきた。
『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』ゴールドフレーム天 ミラコロ射撃派生 踏み込み距離を把握していなくてかなり接近してから派生させていたんですが、接近を待っているその一瞬が命取りだったようで。
ちょっと遠目からでも全然飛びつくので気持ち早めにボタン押したれ。
格闘派生はもっと伸びるらしいので割と酷い性能してるんじゃないでしょうか。

が、やはりしっくりくるのはミラコロでブースト勝ちしてからの着地取り射撃です。
『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』ゴールドフレーム天 ミラコロ虹ステキャン射撃 格闘ブッ込むよりもこっちの方が性に合っています。
射撃戦にミラコロを使うことと隙あらば特殊格闘を狙うことで「堅実な立ち回りで徐々に回復していくアマツ」という型を完成させてやろうじゃないかと。
それが最近の野望。

格闘振らないんならアマツに乗らなきゃいいじゃんねもう。
でもミラージュコロイドの挙動は好きなんですすみません。


んでもできて適当に使っても楽しいアリオス。
『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』アリオス 格闘前派生 高度打ち上げ属性の格闘前派生を覚えたことで格闘戦がより楽しいことに。
初段性能そんなに悪くないよねコイツ?
少なくとも近寄られて絶望するような性能はしていないと思うんですが実際のところはどうなんでしょう。

そんな楽しい格闘前派生なワケですが、何気なしにダメージを調べてみると各種格闘出し切りよりも低い。
状況優先にしても正直あんまりなダメージです。

『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』アリオス 格闘前派生 私が主に使っている2つのコンボがどちらも攻略まとめWikiに載っていなかったので調べてみたところ【横>横前】が123【横>横N>BR】が164という衝撃の結果に。
ダウン値限界まで殴って123て!
高度打ち上げは惜しいけど横出し切りBR追撃かなこれは。
N出し切りBRの方が僅かに高威力らしいんですがどっち方向に何キャンセルすれば繋がるのかが分からなかったので諦めて横出し切りで頑張ります。


『ガンダムブレイカー』
にいやんとあんこに連れられてパーツ探訪の旅。
何はなくともまずパーツですこのゲーム。

後半ステージはザムの性能じゃ足を引っ張るだけなので手に入ったパーツの中で高性能な物を片っ端からくっつけてなんとか戦えるようなモビルスーツを急造仕上げする。
『ガンダムブレイカー』カスタマイズ ウイングゼータ オリジナルモビルスーツ第二弾ウイングゼータ。
そのまんまの名前ですまんな。
背中のマスターガンダムバックパックが「ウイング」の由来ですハイ。
色をいじくっている時間はないのでこのまんま出撃。

『ガンダムブレイカー』ウイングゼータ グラウンドブレイク 組み上げた当初はあまりのダサさに全員失笑モノだったんですがこれまた動かしていると何もおかしくない気がしてくるから不思議。
人は慣れる生き物なんだということを改めて認識できるゲームです。


人になってからゆっくり色塗りを楽しむ。
『ガンダムブレイカー』ウイングゼータ Zガンダムのバリエーションってこんなカラーリング多くない?
ということで私もそれにならってみる。
大胆な二色塗りはZバリエーションの特権。

正直言うとデフォルトカラーの方が良かったまである。
あんまり気に入ってないけど組み上げちゃったもんはしょうがないのでUunzミュージアムに追加しておきます。

タグ: , ,

« | »

Trackback URL

Comment & Trackback

同じくドムメインにしてましたが
後半のパーツと初期パーツじゃ性能差がとんでもなくなるのが悩みどころ。

激レアでも良いから製品版では初期パーツにも救済処置オナシャス!

確かに確かにー!
愛だけで戦うにも限度がありますもの、えぇ。
必殺技や武装で優劣が出るのは仕方ないけどステータス数値ぐらいは似たような感じにしてほしいですね。

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Return to Top ▲Return to Top ▲