« | »

2013年05月04日 (土)

ちょっとカメラ代われ

『Dead Island: Zombie of the Year Edition』3D車酔いを克服

『Dead Island: Zombie of the Year Edition』車でゾンビをはねる まだ完全に克服したワケではありませんが何とか3時間ぐらいなら連続してプレイできるようになりました。
ゆくゆくは『Halo』のように一日中プレイしても酔わないようになるんじゃないでしょうか。
そんだけぶっ通しで遊んでいると体調よりもまずゲームの方に飽きそうですがこのゲーム。

というワケで車でゾンビを轢き殺すゲームが開始。
この圧倒的優位性がたまりません。
無慈悲な鉄の塊に狩り殺される恐ろしさを知れ。
圧倒的索敵範囲と機動力と攻撃力で私を恐怖のどん底に叩き落とすインフェクテッドだって走る鉄の塊があればイチコロ。
何匹でも全力疾走して来いやぁ!

『Dead Island: Zombie of the Year Edition』全力疾走インフェクテッド ただし屋内での全力疾走だけは勘弁な。
なんでコイツらだけ『Left 4 Dead』やってるんだよコンチクショウ。
迎撃に失敗した時のダメージもハンパないし正直怖すぎ。


『Dead Island: Zombie of the Year Edition』ようやくメインクエストを進める

サイドクエストの残り一個がどこに行けば進められるのかサッパリ分からないので後回しにしてメインクエストを進めることに。
多分今行ける範囲じゃ発生しないサイドクエストなんだよ。
受注できるのに?

その謎はさておきメインクエストの話。
『Dead Island: Zombie of the Year Edition』ホテル内探索 遂に恐れていたホテル内の探索ミッションを課せられる。
屋内は怖いからやめろっつってんじゃねーかよ!
曲がり角とか曲がったら飛び出してくるんでしょ?
分かってるんだから。

『Dead Island: Zombie of the Year Edition』ゾンビを蹴落とす でも屋内には屋内の楽しみ方があったりして一概に悪とも言えなかったりする。
ガラスをぶち破って2階からゾンビを蹴落とすの楽しいー!
再びひょっこり顔を覗かせる俺の残虐性。
このゲームは本当に人前じゃプレイできないね。
カウンセリングに連れて行かれちゃうよヤバいヤバい。


2013年04月03日放送『ガンプラ世界一~カリスマオヤジとモケ女の挑戦~』感想

『ガンプラ世界一~カリスマオヤジとモケ女の挑戦~』 しっかり録画してましたよこの番組。
いつ観ようかと思っていましたが『ガンダムブレイカー』熱が高まっている今が好機!
ということでようやく観賞。

歳不相応にチャラチャラしたオッサンがガンプラのカリスマオヤジとか持て囃されていてとんだクズ共の集まりだと思ったら、そのカリスマオヤジがメチャクチャヘビーな過去を持っていて笑うしかない。
「悲惨だった少年時代の怨念でプラモ作ってる部分もあるよ」とか言っててシビレる。
歪んでるねー。
そらガンダムに見向きもせずにザクばっかり作り続けるわ。

『ガンプラ世界一~カリスマオヤジとモケ女の挑戦~』ハデス.クシャトリヤ モケ女パートとか家族でガンプラ作ってるファミリーパートとかは割とどうでもよかった。
世界大会関連の内容だけでよかったんじゃないの。
もっと色んなプラモデルが見たかったし。
あと関係ないけど「モケ女」って言葉が普通にイラッとくるし。


『ガンプラ世界一~カリスマオヤジとモケ女の挑戦~』を振り返って

『ガンダムブレイカー』のインスピレーションを刺激するために観た番組だったんですが人にばっかり焦点が当たっていて結果何の足しにもなりませんでした。
そもそもメインで取材していた2人共日本予選敗退だし。
次はガンプラだけを見せてくれる番組を一時間、やろう!

タグ: , , ,

« | »

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Return to Top ▲Return to Top ▲