« | »

2013年05月11日 (土)

嵐の中で輝いて

『土曜プレミアム・世にも奇妙な物語’13 春の特別編』感想 前半

土曜プレミアム・世にも奇妙な物語’13 春の特別編 『呪web』
開始からオチまでベタベタなホラーもの。
恐ろしいまでに展開が予想できるけど一本目はこれでいい。
「『世にも奇妙な物語』が始まったわー」感を楽しめ。

『石油が出た』
バカバカしい話だけどアイデアが素晴らしかった。
途中までは楽しんで見ていたけど長すぎて途中で飽きる。
短くまとめられていたら俺べた褒めの名エピソードになれていたであろうタイトル。
惜しい。


『土曜プレミアム・世にも奇妙な物語’13 春の特別編』感想 後半

『AIRドクター』
話が転がりだしてからはちょっと面白かったかもしれない。
結局面白かったのかそうでなかったのか最後まで判断がつかなかった。
かといってもう一度見返す程ではない。

『不死身の夫』
映像作品における BGM の大事さがよく分かる作品。
「不死身」のカラクリが解き明かされるまでは面白かった。
そのガッカリ感たるや、それまで積み上げた評価が全部粉々に吹き飛ぶ程。

『階段の花子』
オカルトでミステリーなエピソード。
これをしっかり作りこんで2時間かけてやればよかったんじゃないかな。
そんなワケで最後の最後以外は面白かった。
オチのションボリ加減はぶっちぎりの一位。


『Dead Island: Zombie of the Year Edition』悪夢の Act II 脱出

『Dead Island: Zombie of the Year Edition』Act III Act II が嫌だからこそ全速力で駆け抜けた数日間でした。
ゲーム自体を嫌いになっちゃう前に終わらせる。
これ。

『Dead Island: Zombie of the Year Edition』Act III ジャングルへようこそ Act I、II の達成できないサイドクエストにあった「ジャングル」ってここかー。
引き受けたのが前過ぎてもう積みクエスト欄にあるのが自然になっちゃってるよ。
長き因縁を断ち切る時が遂に来たけどテンションはまるで上がらず。


『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』百式のチョイ練を開始

「見た感じ射撃寄りの万能機だから立ち回りができていればチョロそう」という舐めた理由でちょっと触ってみる。
『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』百式 後格闘射撃派生 動きはコスト20の中でも軽快な方で立ち回りに関しては問題無さそう。
が、格闘コンボがゲロムズ。
ゲロは言い過ぎかもしれないけど他の機体と比べると明らかに難しい。
コンボの構成が特殊すぎるんだよなぁ。

しかしバッチリ決められれば実にスタイリッシュで格好良さも他の機体の追随を許さないワケで。
これは練習のし甲斐があるんじゃないですかねぇ!?
野良対戦に出す勇気はないので身内戦までローカルでのコンボ練習程度に止めておきます。

タグ: , , , , , ,

« | »

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Return to Top ▲Return to Top ▲