« | »

2013年08月01日 (木)

挫折即受身

『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』まろんさんと固定ランクマッチ出撃

ストライクノワールに乗り換えて一発目の固定ランクマ。
乗り換えたのはつい最近だけどここ数日間みっちり練習していたので自信はあります。
少なくともデスサイズヘルよりかは。

『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』ストライクノワール 相方デスティニー LOSE しかし自信は空回りに。
予想よりも遥かに低い勝率に悩む。

『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』ランクマッチ チームホールド 2013年08月01日 チーム決定画面 まろんさんが今日はもうリプレイ反省会に入ろうとしていたところを強引に引き止めランクマッチ継続という私らしからぬ強引さも見せる。
もう少しで何かが掴めそうなんです。
ワンモアタイム、ワンモアチャンス!


『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』立ち回り変更

引き止めたのは口から出任せや温まっていたからとかじゃなくて本当に立ち回りを変えようと思っていまして。
その矢先でのことだったのでどうしても強引に引き止めてしまったワケですね。
これを試さなきゃ今夜は寝られねぇ。

『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』ストライクノワール ダブル前衛スタイル デスヘルでこれをやりたかったダブル前衛スタイルにぶっつけ本番で変更。
今までは立ち回りに安定感を出すため、N特射の誘導の強さを活かすために25万能機らしい引き気味スタイルで戦っていたんですがもう少し前に詰めていくスタイルに変更です。
N特射が真上に跳び上がるもんだから2回やっている間に味方と離れすぎていることが多々。
さすがに2回もやっちゃったら着地してブーストを回復させないといけませんし。
そんなことをやっている間に置いていかれちゃうワケですよぉ!

『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』ストライクノワール VSフリーダム 虹ステ合戦 昨日からここまでの経験でインファイトだってかなり頑張れることは判明していたので近付かれたところでまるで日和らず。
正直ターンX辺りとの擬似タイマンだって負ける気しないよ俺ぁ!
サブの横範囲とアンカーの迎撃性能、そしてなんか危なそうと思った時のアンカーランチャー拒否と択は揃っとるんじゃい!

あれ? でもN特射を2回連続でやらなきゃいいんじゃね?
そんな、マジか。今頃新しい発想が出てきたわ。
でも一回で当てる自信がないんだよなぁあの武器。
弾速おっそいし。


『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』横特格の素晴らしさに気付く

『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』ストライクノワール 横特殊格闘 昨日までは前後特格にしか価値を見出せませんでしたが戦闘スタイルを変えたことによって横特格の素晴らしさに気付くことができました。
ラインを崩さずに、ただ純粋な回避目的で使用出来るのは横入力だけ!

あとは温存しすぎなところを改善すれば特殊格闘マスターへの道も近いのではないでしょうか。
この性能で5秒リロードかよこれぇ!?
戦闘中にやたらリロード完了が早いなとは思っていたけどこれ程までとは思いもしませんでしたわ。
移動距離が大きすぎるのでなんだかんだいって上手く使うのは難しいんですが的確な状況判断でバンバン使っていきたいところ。

口にしただけでも難しいな!


『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』今日の総評

『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』ストライクノワール 相方デスティニー WIN 新スタイルに変えてからは目に見えて勝率が上がる。
やはり私の下がり過ぎが問題だったみたいです。
リスクを犯さずに勝とうだなんて甘いというワケですね。
そらマホメド・アライJr.も刃牙に怒られますわ。

『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』ストライクノワール VSゼータ 相打ち 当たり前なんですが前寄りに戦うことで被弾率も上がってしまっているのでここら辺は再調整。
アンカーランチャーのリロード時間を考えながら立ち回れば手っ取り早く被弾率を下げられるんじゃないでしょうか。
そこから先の立ち回りはもうちょっと先のお話。

タグ: ,

« | »

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Return to Top ▲Return to Top ▲