« | »

2013年08月03日 (土)

バイバイキン

『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』まろんさんとのランクマッチを振り返る

いつも開幕はL字や敵の背後を取りに行くんですが今回は一緒に動く立ち回りを試してみる。
『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』ストライクノワール 追従フォーメーション どっちの方がいいんじゃろね、とふと疑問に思いまして。
私が嫌なのは2機を同時にカメラで捉えられないL字や背後なんですが、一緒に居た方が前衛まろんさんの負担が少ないような気もします。
実際に飛んでくる数は同じでも2機が並んだ方が視覚的に多いですからね。
もしかしたら敵が防御的な動きになるんじゃないかしら。

『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』ストライクノワール L字フォーメーション 私のL字がもっと上手ければ敵がまろんさんに集中しているところにバンバン刺してあげられるんですけども。
戦略的な動きが本当に下手ですまんな。
長いことこのシリーズやってるけど未だに刹那的な動きしか出来ないんだよなぁ。
今一時のことしか考えられせへぇ~ん!


『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』続・まろんさんとのランクマッチを振り返る

『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』ストライクノワール やらかし先落ち 射撃戦でやらかして先落ちしちゃっても

『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』ストライクノワール やらかし挽回 格闘ブンブン 格闘ブンブンで序盤の劣勢をチャラにできるポテンシャルがコイツには……ある!
画像は覚醒中のブンブンだけど覚醒無しだって負ける気しないよ僕ぁ。
そこそこ強力な横格闘を持つHi-νと殴り合いができるんなら大抵の機体とはいい勝負できるだろ。

それはさておきBR持ちと向き合った時にオラサブ射撃以外を当てられる気がしねぇぞ。
相手がコスト3000ともなれば更に絶望的です。
『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』Hi-ν VSストライクノワール 近距離ファンネル 近距離なのに隙を見てファンネルをバンバン撒かれる始末。
オーバーヒート着地もメイン射撃じゃ取りにくいしなぁコイツ。
野郎……ノワールの弱点をよく分かってやがる……

まぁまずは先落ちすんなって話なんですが。
俺の無駄なプライドが一対一を避けることを許してくれませぬ。


『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』ランクマッチ総評

『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』リザルト デスティニー ストライクノワール まろんさんも私もプレイヤー的な意味で覚醒しちゃって勝率が大変なことに。
確実に7割から8割はありますわこれ。
挫折を味わうことでより強くなって帰ってくるプレイヤーの鑑。

特殊格闘も正確なリロード時間を知ったことである程度ちゃんと弾数管理が出来るように。
序盤の撃ち合いからバシバシ使っていくことに最早何の抵抗もございません。
『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』ストライクノワール 後ろ特殊格闘 今回よく狙ったのは敢えて高コスト機に近づいて時限換装や覚醒を誘って後ろ特殊格闘で離脱するイラつかせプレイ。
オーバーヒートしちゃうと余裕で着地点まで追いかけられちゃうのでブーストはある程度残した状態でやりたいですね。
あとは足掻き性能とブースト制御でやり過ごすなり、諦めて味方相方の方に行ったのを見て追い掛けてみたり。


『とんねるずのみなさんのおかげでした』2013年08月01日放送回感想

『とんねるずのみなさんのおかげでした』2013年08月01日放送回 にいやんに教えてもらった『とんねるずのみなさんのおかげでした』を観始める。
前身の『おかげでした』も中学生の頃ぐらいまでは観てたよ。
実に十数年ぶりとなるとんねるずの番組ということで感慨深いものがありますね。

薦めてもらったコーナーは今回なかったけど「スーパーきたなトラン」もなかなか。
とんねるずよりむしろゲスト芸人の方が頑張ってる感があるけど面白ければなんでもいいナリ!
『リンカーン』よりも企画にセンスを感じるナリ!

タグ: , , , ,

« | »

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Return to Top ▲Return to Top ▲