« | »

2013年09月12日 (木)

愛の証

【東京ゲームショウ2013】アークシステムワークス出展一覧 ─ 『ダマスカスギヤ』と『マジカルビート』がVitaに登場、未発表のタイトルも… | インサイド

・『とってもE麻雀ぷらす』(プラットフォーム未定)
ジャンル:パズル・アクション
発売/配信日:2013年冬発売予定
出展形式:未定

麻雀のどこが「パズル・アクション」なのか分かりませんがそんなことはどうでも良し。
大事なのは「プラットフォーム未定」の部分。
これは完全に Vita 用の開発が進んでますわ。
ありがとうアークシステムワークス。
PS4 の素敵画質でやるのもいいけどやっぱりテーブルゲームは携帯機でこそ生きるんじゃないでしょうか。
私はそう思います。

これで PS4 独占のやりたいゲームが消えたので何かやりたいのが出るまで様子見。
PS3 で『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST』やって、Vita で『とってもE麻雀ぷらす』やって。
うん、完璧だ。


『とってもE麻雀』トロフィーコンプリート

PS Vita トロフィーリスト 『とってもE麻雀』コンプリート 愛の証明完了。
これで誰にも文句を言わせません。
ワイが真の『とってもE麻雀』勢や!

最初におんなのこパズルが完成したのが一番興味のない西園寺葉月というのがキレそうですが致し方なし。
残りも頑張って集めます。
ただ毎日 near を起動するだけだけど。
ライフワークのある人間って前向きで活力的で素敵。


『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』X1改 まろんさんとランクマッチに出撃

『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』X1改 核起き攻め 勝つ時は半分ぐらいが核起き攻めによるフィニッシュという頼りきりっぷり。
やっぱ強いわこれ。
即座に起き上がられると簡単に抜けられちゃうんですが相手の対策不足で決まる決まる。

『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』X1改 VSX1フルクロス 鞭VS鞭 基本3000と向き合った時はキツいんですがフルクロス戦の絶望っぷりが他機体の比じゃない。
ほぼ全ての武装が上位互換というのはヤバすぎる。
立ち回りで工夫して強い所を押し付けるというのがほぼ機能しない。
だって武装がほとんど同じなんだもん。

何よりキツかったのは格闘が弱すぎて生フルクロス相手に虹ステ合戦を挑めないということ。
やっぱコイツ使うぐらいならアルケーでしょ。
イメージトレーニングだとX1改の上位版みたいな活躍が見込めるんだけど、真相やいかに。


『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』ユニコーン まろんさんとランクマッチに出撃

負けすぎて萎えてきたので何か3000機体を出して遊ぶことに。
練習もしていないのにメイン射撃にクセがありすぎるユニコーンをチョイス。
いつだって俺は気まぐれ。

『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』ユニコーン デストロイモード サーチ替えBD格闘 結構イケるがな!
以前は全く使い道の分からなかったデストロイのメイン射撃も有効活用して更にBD格闘に繋いだりしちゃって自分でウットリ。
イメージトレーニングだけでそこそこ戦えちゃう俺ってやっぱりニュータイプちゃん。

『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』ユニコーン デストロイモード 解除 個人的にイケてると思ったのはデストロイモードの強制解除タイミングをキッチリ制御できていたこと。
しっかりブーストを残してBDキャンセルで隙消しして。
逆に相手のユニコーンがオバヒ強制解除しているところをマグナムでズドンした時のしてやったり感。
他機体での経験がしっかり活きているパイロットの鑑。

やっぱり色んな機体を触るのはええで。
無駄な経験なんて何一つないんだという教訓。

タグ: , , , ,

« | »

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Return to Top ▲Return to Top ▲