« | »

2013年09月20日 (金)

脳死兵

『地球防衛軍4(c2013 SANDLOT c2013 D3 PUBLISHER)』オンラインミッション50「船団奇襲作戦(HARDEST)」の死闘

久しぶりの4人 Co-op を楽しみながら進めていたんですが「闇の捕縛者」以来となる半詰みミッションで立ち往生。
1時間半以上費やした結果、攻略 Wiki の攻略法をガンパクりするという屈辱。
百戦錬磨のゲーマー部隊がご覧の有様だよ。


こうかは ばつぐん だ!
上での装備は見つめ直す必要がありますが。
逆に言えばここまで見切り発車でもなんとかなるぐらい楽勝でクリアできます。

ヘリコプターで敵を集めるってところまでは思い付いたけどキャリアの上で降りるって発想は無かったなぁ。
俺の完敗だよ。
このゲームの敵 AI への理解度が足りない。


『地球防衛軍4』ようやく救急車を活躍させることができる

俺は長い間この絵を見たかったんだよ!
『地球防衛軍4』エアレイダー オンラインミッション52(HARDEST) キャリバン装甲救護車両ターボ 車両内部 狙い所は敵の構成が赤蟻主体のマップ。
赤蟻のタックルだけなら相当長い間保たせることができます。
反対にクモや酸蟻の場合は救急車が瞬殺されます。
多分飛行ビークル戦もダメ。

『地球防衛軍4』エアレイダー オンラインミッション52(HARDEST) キャリバン装甲救護車両ターボ 車両内部 一応体力の余っているエアレイダーかレンジャーが運転すれば上記の敵がいるマップでも活躍させられるかな?
置きっぱなし運用に比べるとコンビネーションがちょっとだけ難しくなりますが。
そう考えると他の使い道不明車両達に比べると活躍の場は多いか。

使い道不明車両達の使い道も見つけてあげたいんですけどね。
ビークルに使えないやつなんて居ないってことを証明してあげたいけど一人で練習したりする程の熱意は無い。


『英雄伝説 零の軌跡 Evolution』PS Vita TV でやりたい

俺やっぱり RPG はデカい画面でやりたいわ。
ということでぜひ Vita TV でのプレイを所望したいんですが、その際のネックになるのがタッチパネル非対応というところ。

『英雄伝説 零の軌跡 Evolution』セーブデータ ロード セーブ・ロードをタッチパネル操作オンリーにしちゃってるせいでダメなんじゃないかしら?
無理にタッチパネル操作を盛り込まなくていいから。
誰がセーブデータを指で触りたいと思うんだよ。

でも対応ソフト一覧にはちゃんとタイトル名が載ってるんだよなぁ。
まさか「セーブ・ロードはできないけどニューゲームだけで一生遊べ」ってことじゃないよね。

※ 別途、タイトルのアップデートや、PS Vita TV本体のインターネット接続が必要な場合があります。

とのことなので普通に考えたらアップデートで十字キー操作に対応してくれるってことなんでしょうが。
もし本当にそうなったら Vita TV さまさまですね。

開発陣は今更アップデートを作らされてたまったもんじゃないと思いますが、ユーザーのために涙を呑んでくれ!


『英雄伝説 零の軌跡 Evolution』1章序盤のボスがいきなり強すぎる

序章から信じられないぐらいキツくなって、RPG のボス戦やってるわーって感じがして良い。
しかしそれにしてもキツすぎるぞ、と思ったら武器がゲームスタート時のままだということに気付く。

『英雄伝説 零の軌跡 Evolution』クロスベル市 武器屋 新調したら普通に倒せてションボリ。
『英雄伝説 零の軌跡 Evolution』1章 ゴーディアン撃破 ボスが強いんじゃねぇ、俺のミスだ!

自分でも呆れるぐらいのおじいちゃんプレイヤーっぷり。
脳みそが全く働いてねぇ。
道理で道中のザコ戦すらちょっとキツいワケだよ。

タグ: , , , ,

« | »

Trackback URL

Comment & Trackback

手動のセーブがタッチなのはこのゲームにかぎらずむしろVitaの仕様だしなんとかしてくるでしょう

あ、Vita のゲームは全部こうなんだ。
相変わらずクソみたいなシステムをグイグイ推してくるな SONY は。

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Return to Top ▲Return to Top ▲