« | »

2013年10月13日 (日)

オレっ!写真部

『土曜プレミアム・世にも奇妙な物語’13秋の特別編感想・前編

『土曜プレミアム・世にも奇妙な物語'13秋の特別編』 『0.03フレームの女』
今回唯一の怖い枠。
途中ちょっとダレた感もあるけどオチでしっかりブルったので良い。
0.03フレームで最後の言葉を叫ぶのは無理だと思うんだけどタイトルかストーリーのどっちか変えた方がよくない?

『水を預ける』
今回のハズレ枠。
オチは驚きの内容だったけど、ただ意外性があったってだけで心が動かされるようなものじゃあなかったね。

『人間電子レンジ』
観終わった後に何も残らない話。
どうせなら『ドラえもん』的に悲惨なラストにした方がよかったんじゃないかしら。
そうなると主人公が悲惨すぎるけどその分だけみんなの心には残ったと思うよ。


『土曜プレミアム・世にも奇妙な物語’13秋の特別編感想・後編

『仮婚』
タイトルから全く期待していなかったんだけど面白かったんじゃないかしら。
オチが全ての作品だったので道中を大分端折っているのは分かるんだけどそれでもちょっとだけ長く感じる程度には道中がどうでもいい。

『ある日、爆弾がおちてきて』
ギャルゲーを実写ドラマにしてみましたみたいな話。
個別ルートを15分20分にまとめて見せられたような駆け足感が残念。
2時間丸々この話1本にして特番組もっか。

そんなことを言いながらも私はこいつらのやりとりを2時間見させられたら発狂してしまうと思うんですが。
アニメで声優が恥ずかしいセリフを喋ってるだけでこっちまで恥ずかしくなっちゃうのに映像まで恥ずかしいものにされちゃったらもう。
実写でこのキャラクターはキツいって。


『ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生(Vita版)』チャプター1クリア

『ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生(Vita版)』チャプター1 END 面白いがな。
個人的に良い設定だと思ったのは犯人が確定で死んじゃうところ。
犯罪系にありがちな「生きて罪を償えばいい」なんていう甘えは一切通りません。

しかもその対象が前途ある高校生というのがもう最高。
やっぱり人はフィクションの中でキャラクターが死ぬ話が好きなんだよ。
エグいねー君たち。


『フォトカノ Kiss』9日目の思い出

[meteor_slideshow slideshow=”07-day9-20131013″]
  1. 早倉舞衣/Beautiful/827Pts/9日目/フォトセッション
  2. 早倉舞衣/Beautiful/668Pts/9日目/フォトセッション
  3. 早倉舞衣/Beautiful/912Pts/9日目/フォトセッション
  4. 新見遙佳/Beautiful/853Pts/9日目/フリー
  5. 間咲ののか/Erotic/1000Pts/9日目/ストーリー
『フォトカノ Kiss』2013年10月13日 フォトセッション 早倉舞衣 今撮っていて一番テンション上がらないのがこの子。
第一印象がイマイチでもしばらく接してりゃ多少は可愛く見えてくるもんなんですがこの子だけは全然。
最近では背景のアヒルを撮るためだけに利用し始める始末。

『フォトカノ Kiss』2013年10月13日 フリー 新見遙佳 同時にドアを開けようとして手が触れて「あっ」イベント。
シチュエーションを写真に込めようとするあまり新見さんの顔がほとんど入らないというミス。
私はどうしてもシチュエーションを優先したかったのでミスってワケでもないんですがスコア的には結構しょんぼりな結果。
もう少し上にあげて腕を中心に収めつつ顔も入れてあげればよかったのかな。

『フォトカノ Kiss』2013年10月13日 ストーリー 間咲ののか 初めてモブキャラを撮れるチャンスだったので間咲さんは中心からどいてもらう。
すまんな。
でもスコアはカンストだしいいよね。
これのどこが「Erotic」なのかは分かりませんけど。

開発者がソフトボールユニフォームフェチとかそういうこと?
いい趣味してんじゃん。

タグ: , , , , ,

« | »

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Return to Top ▲Return to Top ▲