« | »

2013年12月07日 (土)

気化させて吸う

『英雄伝説 零の軌跡 Evolution』終章突入準備

昨日の疲れから夕方まで寝てしまいましたがそもそも寝たのが今日に入ってからなので大丈夫です。
至極真っ当な睡眠時間です。

そんなことはさておき今日からいよいよ終章突入です。
これでお終いということがハッキリと伝わって実によろしい。
夜通しプレイして第4章を終わらせた勢いを引き継いでこの章も一気に終わらせることにします。
ほぼサブクエストのせいとはいえ1つの章を一日でクリアしたことはないので持久戦必至です。
そして警察で持久戦といえばあんぱんです。

夜食 というワケで夜食も買ってきて備えは万全。
あんぱん用の牛乳は家にストックしてあったのでここは単品飲み用の Monster Energy で正解なのです。
Monster で叡智を授かれ。


『英雄伝説 零の軌跡 Evolution』終章開始

『英雄伝説 零の軌跡 Evolution』終章 タイトル 前章から続いているサブクエストを急いで終わらせメインストーリーを進める。
ここまで来たら本編に関係する要素以外はホント邪魔なんだよね。
なんかこのゲームに関しては一生サブクエストに文句言ってるような気がしますが気のせいです。

最後の章らしく緊迫感のあるイベントが続くんだけどキャラクター達の可愛らしい三頭身モデルで台無し。
緊迫感が視覚から緩和されていきます。
劇団公演イベントの時も思ったけど三頭身モデルで何でもかんでも表現しようとするのは無理があるのでやめた方がいいナリ。
結局クルクル回って凄いジャンプしてるだけだったしねアレ。


『英雄伝説 零の軌跡 Evolution』終章序盤の展開について

やっぱり敵に自我がないというのは面白みに欠けますね。
これがよく分からないモンスターだったらそれでもいいんですが人間というのがよろしくない。
もちろん自我が無い方がキリングマシーン的で怖い、医科大学イベントの雰囲気が出るという人もいるんでしょうが。

そうですね、これがストーリー上もっと怖い・不気味な設定のキャラだったら私もこれでよかったと思います。
マフィアの下っ端て!
見た目からしてもう全然怖くないんだもん。

まぁでも待ち伏せしているのを倒していって人を救出していく展開だからしょうがないか!
この話はもうどうしようもねぇ!


間に合いませんでした

全力投球の甲斐もなく今日中に終わらせることはなりませんでした。
開始時刻もそんなに早い時間じゃなかったし仕方ない。
しかし私もまだあんぱんと Monster Energy ブーストを残しているので大丈夫です。
このままゴールまで突っ走ります。

ちなみにあんぱんはもっとベーシックなパッケージのがよかったんですが袋に「栗のなんちゃら餡入り」みたいなことを書いていたのでこっちにしました。
なんで普通のずっしりしたあんぱんを売ってくれないんですか?
今回私が買ったやつもスタイリッシュ思考でやたら軽いですしね。
これだからコンビニは信用できねぇ。

タグ: , , , ,

« | »

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Return to Top ▲Return to Top ▲