« | »

2013年12月12日 (木)

アイニードモアイマジネーション

「勇者のくせにこなまいきだ。G」が本日より配信。最新トレイラーでゲームの流れや内容を確認しよう – 4Gamer.net

PSN『勇者のくせにこなまいきだ。G』 基本プレイ無料タイトルのくせに面白すぎるのでもうホンットビックリした!
そら『パズルアンドドラゴンズ』も流行るわ。
もしかしてスマートフォン業界にはこんなレベルのゲームがゴロゴロ転がっているってのかい?

これも例に漏れずスタミナ性を採用しているんですがプレイ回数無制限のアイテムに課金したろうかと思うぐらい。
しかし回数制限があるからこそ面白く遊べているような気もします。
私のようなコアゲーマーがこれ一本にかかりっきりっちゃったらそれはもう一瞬で絞り尽くしてしまいかねないワケなんですよ!
それはあまりにも勿体無い。

『勇者のくせにこなまいきだ。G』トレーニング1 魔王 リアクション ゲーム性のみならずキャラクター性もいい味出ていていよいよ私好み。
まずはチュートリアルに勤しんでいたんですがそこで魔王のキャラクターにハートをガッチリ掴まれました。
こういうテンション好き。
もっと褒めて。


『勇者のくせにこなまいきだ。G』序盤から想像力がモリモリ掻き立てられる

ダンジョンに入ってきた勇者を倒します。
『勇者のくせにこなまいきだ。G』STAGE1-3 勇者捕獲 エリカ 倒した勇者(この場合は女僧侶)を捕まえ魔王の部屋へ閉じ込めます。

『勇者のくせにこなまいきだ。G』魔物合成 ニジリゴケ+エリカ+ちくわ モンスターにエサとして与えます。
ここからはカットされてしまうのであとは想像力でなんとかします。
ここまでお膳立てしてもらえれば何も要りません。
働け俺のイマジネーション。

エサにする以外にも採掘場で強制労働力にするという手もあります。
それはそれで絶望感にクラクラするよね。
世界を救うはずの勇者様達が魔王に捕まってモンスターを手助けするための労働力にされてるって!
されてるってェー!


「D&D -ミスタラ英雄戦記-」のダウンロード版が2014年1月14日まで値下げ – 4Gamer.net

気になって調べてみたところパッケージ版がヨドバシ.com で \1,980 という恐ろしい値段がついていたんですがお好きな方を。
このゲームにティスクスロットを専有されるのは我慢ならないので \1,000 増しででもダウンロード版ですかねぇ僕は!
そもそも買うかどうかも迷っている状態ですが。
年末と年明けにガンダムゲームが出るからとりあえず買うだけ買っておいて温めてみようか。
今身内の『D&D』勢はどれぐらいおるねんな?

『ザ・グレイトバトルII ラストファイターツイン』なら即決で買うんだけどなー。
人生で一番面白かったベルトスクロールアクションだよ。
多分思い出補正入りすぎで今やったら微妙なんだろうけど。


『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』野良ランクマッチ武者修行

今日はプロヴィデンスで遊んでいたんですが伝家の宝刀「射撃CSを溜めながら特殊格闘発動」の操作をミスって
『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』プロヴィデンス 覚醒ミス なんでもないところで覚醒を発動してしまうミスを犯す。
メリットがドラグーンの弾数回復ぐらいしかねぇよこんな状況。
敵も凄い遠くにいて全くピンチじゃないし。

最近これに限らず自分で分かるぐらい操作が怪しくなってきて自信なくしちゃうよ色々と。
部屋が寒すぎて指が動いていない疑惑ということにしておこう。
暖房を入れた程度じゃどうしようもないぐらい寒いんですけどどうしたらいいんですかねぇこの部屋!?

タグ: , , , , ,

« | »

Trackback URL

Comment & Trackback

勇者のくせになまいきだGはゲーム部分はソコソコ良いんですけど原作にあった図鑑詳細もないしグラとキャラはほぼ使いまわしで少し萎えたので機会があったら原作の1とかやってみてください。

原作の方が面白いから!

『1』のアーカイブスを見に行ったら 1,400 円しよるわコイツ!
『1』リメイク出してくれたらフルプライスで買うんで嘆願書お願いします。
PSP アーカイブスに 1,000 円超えを払うのは抵抗あるわぁ。

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Return to Top ▲Return to Top ▲