« | »

2014年03月24日 (月)

心躍らないサブタイトル

『イース セルセタの樹海』はじめました

『ファントムブレイカー:バトルグラウンド』が片付いたので PS Plus のフリープレイで配信されていたイースに手を出す。
『イース セルセタの樹海』タイトル ニューゲーム Vita を買ってからどんどんファルコム作品に手を出してしまいますよ!
とは言ってもまだ2作品目なんですが、1ハードで2作品に手を出したら十分ファンだと言えるのではないでしょうか。

『イース セルセタの樹海』システム キーコンフィグ アクション・アクション RPG に手を出してまず一番に触るのがここ。
『無双』式に変更してなるべくタイトルごとの違いを意識せずに済むようにしようというのがポリシーでございます。
通常攻撃・必殺技・ガード辺りは最低限統一させたいですね。
色んなゲームをやるんならこのぐらいのことは当たり前だよなぁ!?


『イース セルセタの樹海』「ガード」の仕様変更にガッカリする

『イース セルセタの樹海』キャスニア鉱山 VSモルモース ガード ヨネに借りていた PSP『イース7』からガードの爽快感が失われていてションボリする。
『7』のは『ストリートファイターIII』のブロッキングみたいで気持ち良かったんだよなぁ。
押した瞬間しか防御判定が発生しないんだけど成功したら「ガキーン!」ってエフェクトが発生してノーダメージで済むの。
PSP の操作性にムカつき過ぎて結局クリアまで続けられませんでしたが。

『セルセタ』は押している間ずっと防御判定の発生し続けるゆとり仕様ですわ。
こんなもんでガチンコアクションゲーマーである俺が満足できるか!
「回避」と「防御」をハッキリと区別できているという点では『セルセタ』の方が良いシステムだと言えるのかもしれませんが、そういうことじゃないんだ。


『イース セルセタの樹海』の PS Vita TV 対応に感動する

『イース セルセタの樹海』チュートリアル ミニマップ まだプレイを始めて1時間ですが L2、R2、L3 ボタンに対応していることを確認。
これって凄くありません?
メーカーが本気を出せばボタン数を増やすことだって可能なんですよ、PS Vita のゲームは!

まぁほとんどのメーカーのほとんどのタイトルがこんな対応してくれていないと思うんですけどね。
同じファルコム作品でも『英雄伝説 零の軌跡 Evolution』は全く対応していなかったと記憶していますし。
Vita TV を流行らせればもっとこういう対応が増えるとは思うんですが、もう無理。
今から流行らせるのは無理。


『ファントムブレイカー:バトルグラウンド』キャラクターカラー一覧を作る

こうやってみると意外とキャラが多いじゃないの。
このゲームで初めて使えるキャラもいるらしいのでシリーズファンはぜひとも買ったれ。
多分下から4人がそうだったと思います。

ちなみに牧瀬紅莉栖は DLC を購入していないので仲間ハズレです。
咲畑梨深さんさえ配信していてくれれば何の抵抗も無く一緒に買えたんですけどね。
カオスヘッドファンを怒らせた罪は重い。

タグ: , ,

« | »

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Return to Top ▲Return to Top ▲