Home > tech

2009年12月04日 (金)

なぁ Google 日本語入力に乗り換えようじゃないか!! for Leopard

Google 日本語入力に「ことえり」のユーザー辞書をインポートする際に手こずったのですんなり行ける(と思われる)手順をメモ。
「ボキがバッキバキに調教したことえりのユーザー辞書を Google 日本語入力でも使いたいよぅ」という方はぜひ。
ユーザー辞書を使ってなかった人にはなんの価値もないエントリーですので一刻も早く立ち去るが吉。

じゃあさっそくいってみましょう。

力編
ことえり単語登録メニュー ことえり単語登録のメニューから [辞書] – [テキストに書き出す]

テキスト形式 テキスト形式は [Unicode] を選択

しばし待つ 出力完了までしばし待つ

言語環境を開く メニューバーの入力言語アイコンをクリックして [“言語環境”を開く]

Google 日本語入力 [入力メニュー] タブの [Google 日本語入力] にチェックを入れる

さらばことえり [ことえり] のチェックを外す

集編
サンプルデータ

&#8220;てすと&#8221;,&#8221;テスト&#8221;,&#8221;普通名詞&#8221;<br /> &#8220;<あ>&#8221;,&#8221;<a href="""" target=""_blank""></a>&#8220;,&#8221;無品詞&#8221;<br /> &#8220;<いmg>&#8221;,&#8221;<img src="""" alt="""">&#8220;,&#8221;無品詞&#8221;<br /> &#8220;<うl>&#8221;,&#8221;<br /> <ul> <br /> </ul> <p>&#8220;,&#8221;無品詞&#8221;

(私は TextWrangler でやってますが好きなテキストエディタに置き換えてください)
置換1 「”,”」を「\t(タブ)」に置換

置換2 「”\r(改行文字)”」を「\r(改行文字)」に変換

ファイル頭の「”」とファイル末尾の「”」を除去

品詞を Google IME に合わせて置換
品詞リスト 上記以外の品詞にすると登録はできますが変換時に表示されません

置換3 HTML タグ等で「”(ダブルクォート)」を使用している場合はエスケープのため「”」が2個並びにされてるので「””」を「”」に置換

改行を含む語を登録している場合は改行を取り除き1行に収める

Unicode(UTF-8, no BOM) 文字コードを [Unicode (UTF-8, no BOM)] に変更

Unix (LF) 改行コードを [Unix (LF)] に変更

整形後のユーザー辞書はこんな感じになります。

てすと テスト 名詞<br /> <あ> <a href="" target="_blank"></a> 記号<br /> <いmg> <img src="" alt=""> 記号<br /> <うl><br /> <ul></ul> <p> 記号
(品詞は適当です)

ンポート編
辞書ツール メニューバーの入力言語アイコンをクリックして [辞書ツール] を選択

管理メニュー [管理] メニューから [新規辞書にインポート] か [選択した辞書にインポート] を選択

辞書ファイル読み込み 整形したユーザー辞書を選択して [OK]

インポート完了 インポート完了

お疲れ様でした。
もう誰もこんな苦しみを背負わなくていいように直接インポートに公式対応してくれる日が早く来るといいですね。
Google がんばれ超がんばれ。

2009年11月14日 (土)

なぁ Afficheur を始めようじゃないか!!

式サイトから「Afficheur」をダウンロードします。
Afficheur ダウンロードしたファイルを開いてインストールします。

アップデートの確認ウィンドウ Afficheur 起動時にアップデートの確認を行うかを聞かれます。
どちらでも構いませんのでお好きな方を選んでください。

ポストウィンドウ インストールが完了するとポストウィンドウが開きます。

こでポストウィンドウをクリックしても何も起こらないのでメニューバーの Afficheur アイコンをクリックします。
Afficheur メニュー [Preferences(⌘+,)] を選択します。

設定ウィンドウ 設定ウィンドウが開きます。

[アカウント] タブ [アカウント] タブをクリックして各種サービスのアカウント情報を入力します。
Afficheur でタイムラインを取得したい場合は [メニューのRetrieve実行時に含める] にチェックを入れます。
他の項目は好みに合わせて入力してください。

こからは後回しにしても良い設定です。
[フォントと色] タブを選択します。
[フォントと色] タブ Reply や ダイレクトメッセージの背景色を自分が分かり易いように変更します。

[ホットキー] タブを選択します。
[ホットキー] タブ 自分が使い易いようにホットキーを設定します。
[OK] ボタンをクリックして設定を終了します。

ストウィンドウに戻ります。
ポストウィンドウ [アカウント] タブで設定したサービスにチェックが入っていることを確認します。

タイムライン表示 メニューバーのアイコンから [Display Timeline] を選択します。
もしくは [ホットキー] タブで設定したタイムライン呼び出しホットキーを入力します。

タイムラインウィンドウが開いたらメニューバーのアイコンから [Retrieve timeline(⌘+R)] を選択します。

タイムライン取得 設定したサービスのタイムラインが取得できていることを確認できればインストールは完了です。

使い方の詳細な説明とかは Google 先生に聞いてくださいな。
それでは良いマイクロブログライフを。

Return to Top ▲Return to Top ▲