Home > 1月 4th, 2017

2017年01月04日 (水)

水鏡先生と PS2『ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー in いただきストリートSpecial』のトーナメントモードに興じる

『ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー in いただきストリートSpecial』パッケージ PS2『ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー in いただきストリートSpecial』にお呼ばれして水鏡先生宅へ。
前回プレイ後に「まずはトーナメントモード (一人用モード) を進めて隠しキャラと隠しコースを解禁しよう」という流れになったので今日はそのお手伝いに馳せ参じました。
水鏡先生が正月周りでトーナメントモード (ノーマル) の”伝説の勇者ロトコース”のラストステージ (天空城) までは進めておいてくださったので天空城からやっていきます。

……聞いていた通り CPU クッソ卑怯やな!
私が現役でプレイしていた SFC『いただきストリート2 ~ネオンサインはバラ色に~』の頃からそうだし、全てのビデオボードゲームにおいてそうだとは思いますが明らかにサイコロの出目を操作してやがる。
3以下の数字を見たことねぇぞてめぇら。
あとチャンスカードの引きも良すぎるって。

その上 CPU 同士は談合プレイで1人を勝たせようとしてくるのにブチギレて試合途中でリセットすること数回。
1人を勝たせるために我を捨ててサポートに徹するとかロードレースの選手かなにか?
『いただきストリート』ぐらい「自分が」「自分が」で来いよオラァ!

勝負は最後まで分かりませんがイカサマを我慢しながらプレイ続行すると私の精神がおかしくなってしまうので、こっちだってプレイヤー特権で「イカサマが発覚した時点で即リセットのリトライアタック」です。
ズルとズルのぶつけ合いで世界はもう憎しみの連鎖。
俺はただ気持ちよく CPU と競いたかっただけなんだ。
それがどうしてこんなことに……

5回ぐらいリセットしたところで水鏡先生に交代。
『ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー in いただきストリートSpecial』 1回で普通に勝っとるがな!
でもケチをつけさせてもらうなら試合序盤の CPU のズルが明らかに少ない回だったがなぁー!!
ズルさえ減らしてくれれば俺だってなぁ、最後までやり抜くぐらいのやる気は見せてたんだよ……という負け犬の遠吠え。
参りました。

「せめてクソの役にぐらいは立ちたい」ということで、その後”クリスタルコース”のステージ1:ミッドガルはクリアさせていただきました。
それも序盤こそ株で圧倒したものの店舗数の不足から最後は結構もつれて CPU にワンチャンスある感じの危ない勝ち方でしたが。
あ、俺『いただきストリート』下手くそなんやな、って……
根拠の無い自信を持つのは、やめようね!

タグ: , ,

Return to Top ▲Return to Top ▲