2017年01月19日 (木)

PS4『乖離性ミリオンアーサー』添寝型リトルグレイ(超級)を周回する

PS4『乖離性ミリオンアーサー』VS添寝型リトルグレイ(超級) 後半スペシャルクエストが始まる前に傭兵カード持ちの添寝型リトルグレイ(超級)を周回していきます。

PS4『乖離性ミリオンアーサー』VS添寝型リトルグレイ(超級) 第三種接近遭遇 コイツは初手ターゲティングからの次ターン以降毎ターン繰り出してくる「第三種接近遭遇」が最大の特徴。
防御バフ・物理ダメージデバフをいくら重ねたところでどうしようもない狂ったダメージを叩き出してきます。
対抗手段は挑発・ターゲティング解除・部位破壊の3つ!

その中で傭兵が手伝えるのはターゲティング解除と部位破壊ですね。
PS4『乖離性ミリオンアーサー』VS添寝型リトルグレイ(超級) 挑発 富豪様が「挑発」カードを出してくださった時は全力感謝しましょう。
いちいち定型文チャットで「ありがとう!」を送っていたら鬱陶しいと思いますので心の中だけでね。

PS4『乖離性ミリオンアーサー』カード詳細 【親魏倭王】逆行型卑弥呼 「ターゲティング解除」カードは現在3枚しかありません
内2枚はそれ単体で完結するので問題ないんですが「【親魏倭王】逆行型卑弥呼」だけは「風属性2チェイン以上」が必要になります。
傭兵の添寝型リトルグレイ用デッキでこれに貢献できるカードは少ないと思いますがいざという時は手伝えるように覚えておきましょう。
私のデッキでは「【宇宙蹴球少女】蹴球型リトルグレイ (サカグレ)」でしか貢献できないので1日に1回あるかないかの激レアチャンスでした。

PS4『乖離性ミリオンアーサー』VS添寝型リトルグレイ(超級) UFO撃破 最後、この方法がメインになる部位破壊について。
部位の耐久度的に「光線銃 (左部位)」の方が柔らかくて簡単に壊せるんですが、私が推奨したいのは「UFO (右部位)」です。
「光線銃 (左部位)」を壊してしまうとそこから毎ターン (防御バフ・物理ダメージデバフ無し時) 18,000ダメージ×3回が飛んでくるようになってしまいます。
防御バフ・物理ダメージデバフが有効で1ダメージ×3回まで下げることも可能のようですが、毎ターンそんなことをしていたらボス撃破が遅くなってしまうのは明白。

PS4『乖離性ミリオンアーサー』VS添寝型リトルグレイ(超級) 報復反撃 「UFO (右部位)」を壊すと以後単発攻撃しか飛んでこなくなるので対処はクッソ簡単だと思います。
そうなると残る課題は柔らかい「光線銃 (左部位)」とメチャクチャ硬い本体の撃破タイミングを調整することだけです。
本体が割と本気で硬いのでやり過ぎなぐらい本体を殴ってから「光線銃 (左部位)」の破壊に乗り出してください。

「第三種接近遭遇」が「報復反撃」になるのは “部位を破壊したターン” からなので状況を見て総攻撃か、挑発・ターゲティング解除かを判断してもらえると非常にありがたいです。
UFO を壊せるターンなのに挑発即決で無駄挑発になった富豪様をそこそこの数見て参りましたので。
傭兵・盗賊がちゃんと火力を出していれば 4c は微妙でも 5c にはまず壊せると思いますですハイ。

PS4『乖離性ミリオンアーサー』VS添寝型リトルグレイ(超級) クリア報酬 (リザルト) 「超級で部位ドロップが全て銀カードの可能性があるボス」って今までいましたっけ?
添寝型リトルグレイは金カードが本体の1枚のみというのが “珍しくない” クッソ渋ちんなボスとなっております。

そうなると名声ボーナスで手に入れるのがメインになるので超級部屋が無かったら特級でやってもいいんじゃないでしょうか。
たまたまだとは思いますが、私は一度だけ入った特級部屋にて名声ボーナスで2枚入手しました。
超級でも1度の戦闘で2枚手に入れば悪くない枚数ですし、まったり特級部屋で周回するのもありなのかしら。

タグ: , , , ,

TVアニメ『CHAOS;CHILD』第2話「事件が彼らを嘯く」

TVアニメ『CHAOS;CHILD』第2話 力士シール説明動画 第2話は碧朋学園新聞部制作の力士シール説明動画から開始。
こんな画像がこのエントリーのアイキャッチ画像になってしまうのは不本意ですが、ここから始まっちゃったんだからしょうがない。

TVアニメ『CHAOS;CHILD』第2話 偽力士シール 偽力士シールのデザインの悪ふざけっぷり好き。
どれも甲乙つけ難いふざけ方で全部いいですね。
あ、でもさすがにずっと見てると気持ち悪いなこれ。
アニメ版デザインは重なっている部分の凶悪さが増していると思います。

TVアニメ『CHAOS;CHILD』第2話 チア尾上 唐突に放り込まれるチア尾上。
なぜこんなことをしたのかという以前にチア描写なんてありましたっけ?
アニメオリジナル要素だとしたら追加した意味が分からなさ過ぎて怖い!
原作からあったのなら私の不勉強です。
すみません。

TVアニメ『CHAOS;CHILD』第2話 有村さんのお友達さん 有村さんのお友達さん。
なんやこの美少女……
あ、可愛い子は可愛い子とつるむんやな、って。

TVアニメ『CHAOS;CHILD』第2話 見得を切る有村さんのお友達さん 見得を切る有村さんのお友達さんがやっぱり可愛い。
手前のお友達さんはそんなでも無し。
一回も顔がよく分かるような映り方させてもらえなかったし。

TVアニメ『CHAOS;CHILD』第2話 待ちぶせ神成さん 校門で待ち伏せしていた神成さんに捕まる有村さん。
有村さんに速攻で注意されてたけど神成さん迂闊すぎない?
こんなんじゃ小走りに置いてきたお友達さんにも通過されちゃうよ。

TVアニメ『CHAOS;CHILD』第2話 エリン初登場 エリン初登場。
いろんな角度でエリンを拝めるのはテレビアニメだけ!
パンツだって拝み放題です。

TVアニメ『CHAOS;CHILD』第2話 注文を取るエリン 注文を取るエリン。
そら穴場にもなるわな。
まともな生徒ならこんな店絶対に使わないよ。

TVアニメ『CHAOS;CHILD』第2話 神成さん 神成さんの演じ方変わりました?
前回から声にイチャモンをつけてばっかりですが違和感があったんだから言わずにはいられません。
バッチリ神成さんな時もあれば違う人に聞こえることもあります。
だからどうした。

TVアニメ『CHAOS;CHILD』第2話 声を荒げる有村さん 声を荒げる有村さん。
このシーンを抽出した理由は「今回有村さんが単独で抜かれる画像が無さそうだったから」です。
カフェLAXが終わると単独どころか出番自体がありませんでした。

TVアニメ『CHAOS;CHILD』第2話 ガン見尾上さん ガン見尾上さん。
新聞を広げている拓留が可哀想だからもう少し隠れている体を装ってあげて。
これだけバレバレなら2人でガン見していても一緒だよ。

TVアニメ『CHAOS;CHILD』第2話 渋谷にうず 渋谷にうずの BGM が大きすぎる。
ケイさんの声が聞こえづらいレベルでバランスが悪いです。
配信素人かな?

TVアニメ『CHAOS;CHILD』第2話 フリージア 場面がフリージアに移ってからは人物の声と BGM がちょうどいいバランスになりました。
配信元と配信先で音質を変えるのは素晴らしいと思いますが聞き取りやすいバランスの方だけでもわたしは一向にかまわんッッ
そこのリアリティって要ります?

TVアニメ『CHAOS;CHILD』第2話 天使 唐突に天使。

TVアニメ『CHAOS;CHILD』第2話 川原くんからのメール 2.5秒ぐらいしか映してもらえなかった川原くんからのメール。
文字の量に対して表示時間が短すぎます。
これが読めないと今回ラストの来栖さんの行動への理解が遅れるので、もうちょっと長い間映してもよかったと思うんだけどなぁ。

TVアニメ『CHAOS;CHILD』第2話 ファイティングポーズ結衣ちゃん シャドーボクシングからのファイティングポーズ結衣ちゃん。
バサバサ動く髪の毛が非常に良いです。
愛ゆえの思い込みかもしれませんが今回はここに一番力が入っていたように感じました。

TVアニメ『CHAOS;CHILD』第2話 一瞬の隙 ここ!
ここで一瞬だけ来栖さんがいい表情になったのを私は見逃しませんでした。
ありがとうアクションゲームで鍛えた動体視力。

TVアニメ『CHAOS;CHILD』第2話 過去の姉 シャドーボクシングする妹に対して直突きを繰り出す (過去の) 姉。
姉妹揃ってバリバリの武闘派です。
キッツいのをもらって気絶してもいいこの際。

TVアニメ『CHAOS;CHILD』第2話 現代の姉 回想が終わり現代の姉へ。
直突きにひねりを加えるようになっています。
常に成長を続ける姉の鑑。

TVアニメ『CHAOS;CHILD』第2話 ダッシュナイフ ビデオカメラの撤去に来た来栖さん。
物凄くスムーズに辻斬されます。
「ビデオカメラに手が届かなくてしばらくピョンピョンしていた」なら分かりますが、一回目のジャンプに対してダッシュナイフを成功させるとか凄すぎません?
これはプロの犯行ですね、間違いない。

今回の瞬間最大風速

TVアニメ『CHAOS;CHILD』第2話 今回の瞬間最大風速 アニメの結衣ちゃんが完全なダークホースで天使。
特にここのシーンは毎フレーム最強に可愛いという奇跡でした。
数フレーム前の媚びに媚びた表情と角度も必見です。
ここではお見せしませんのでアニメを己が目で見て確かみてみろ!

タグ: , , , ,

« Previous | Next »

Return to Top ▲Return to Top ▲