« | »

2013年11月10日 (日)

PS Vita『スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園』(『ダンガンロンパ1・2 Reload』収録)

『スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園(Vita版)』タイトル「LOAD GAME」狛枝

更新履歴

2013年11月10日 公開
2013年11月24日 「クリア後特典おまけモードへのコメント」追記


プレイ状況

2013年11月08日 ストーリーモード(推理難易度:フツウ、アクション難易度:フツウ)クリア
2013年11月21日 トロフィーコンプリート




コメント

※以下、ストーリーモードを「推理難易度:フツウ」「アクション難易度:フツウ」でクリアした状態でのコメント
「閃きアナグラム(改)」は正直劣化。(改)にしない方がよかった。
解答の文字数が増えたおかげでダミー文字の数も増えてそれらを処理しながら待つ時間が増加。
異なる文字が接触した状態で出てきて出現即ダメージという現象がそこそこの確率で起こるのが微妙に腹立たしい。

「PTA(パニックトークアクション)」は『1』でいう「MTB(マシンガントークバトル)」の(改)。
操作が簡略化されたのは良し悪し。
フィーバータイム発動ボタンを除けば2個しかボタンを使わない音ゲーなので割と暇。
トドメの入力方法は「ノンストップ議論」と区別化ができて良くなった。

「反論ショーダウン」は今回ワーストのシステム。
とにかく斬る操作が面白くないし気持ちよくもない。
トドメもカーソルで狙わなくていい「ノンストップ議論」でただの劣化版。
以前「言刃選択の猶予のなさ」について文句を言ったのは私のやり方が間違っていただけで実際は十分に猶予があるのだが、それでも面白くないものは面白くない。

「ロジカルダイブ」はこのシリーズ初のアクションゲーム要素で気分転換として非常に楽しめた。
しかしこれは『1』『2』を通しで遊んだためで『2』の前に別のアクションゲームを挟んでいればそのシンプルさ故に全く面白く感じられなかったと思われる。
アクションゲームに飢えていたところに上手く差し込まれたな、といった印象。

「クライマックス推理」はシステム名こそ同じものの格段にプレイしやすくなっていた。
ヒントと一度に表示されるコマ数が減ったことで正解を選びやすくなっている。
それを良しとするかどうかはプレイヤーによると思うが。
BGM「Re: クライマックス再現」と主人公の声質の問題で前作ほどクライマックス再現を楽しめなかったのは残念。



クリア後特典おまけモードへのコメント(2013年11月24日分)

おまけモードは3つもあり非常に豪華。
『ノベルモード』は文字通りのモード。
キャラクターの立ち絵が無いこと以外はいつも通り。
内容はバトル描写が多めで好みが分かれそう。

『魔法少女ミラクル★モノミ』は 3D なった『QIX(クイックス)』。
『1』『2』と通しでやった身としてはアクション要素に飢えていたのでありがたかった。
ただジャンプ踏みつけの判定やオーラの接触判定はもう少し大きめでも良かった気がする。
もう少し大雑把に遊べれば満足だったのになぜそこを少しシビアにしてしまったのか。

『アイランドモード』は『1』の「スクールモード」の元となったモード。
どうしても『1』の後にプレイせざるを得ないというのが辛い。
ゲームの内容もほぼ同じなので通しでプレイしていると完全に飽きる。
モノクマと違いモノミが全く「学級目標」に対してコメントしてくれないのが寂しい。


総評

★★★★☆ (4/5)

ゲームスタートから引き込まれる要素が全くない。
キャラクターの外見にクセがありすぎて取っ付きにくく「誰が死んで誰がその犯人でも別にいい」といった具合に話の展開に興味が持てない。
結局閉鎖空間とはいえ舞台が広くなりすぎたこともマイナス。
ある程度広さに制限を設けた方が面白いと思うのだが。
さらに、前作に比べて派手だが非現実的すぎる展開が連発することもストーリーに着いて行くのにしんどさを出している。

舞台を広げたことにはプラスもあってトリックが複雑化して推理は面白くなった。
しかし前述の「クライマックス再現の劣化」と今作の「おしおき」の微妙さでチャプタークリア時の達成感はそれほどでもない。
些細なことだが「おしおき」対象決定時の、モノクマが対象を連れて行くドットアニメーション演出が劣化したのもマイナス。
前作の来る時は白い面だけを、連れ去る時は黒い面だけを見せるのが良かったというのに。

しかしそんな苦難の序~中盤を乗り越えた後には前作を超える面白展開が待っている。
前作が話が進むごとに失速していったのに対し今作は話が進むごとに加速していく。
それまでの全てが見事に繋がる最終チャプターまで是非気合と根性でプレイしてほしい。
ただ最終ボスの存在はガッカリの一言。

プレイ記の方でも散々書いたが主人公の性格・口調と声の質が合っていないように思える。
もう少し低い「いかにも男性」といった声の方がしっくりくるのでないか。
これには最後の最後まで慣れることはなかった。

個人的にかなり気に入っているセリフはチャプター1の「ねぇ、デリカシーって習わなかった?男だらけの国にでも住んでたの?」。
これがなぜか私の心にスマッシュヒットし苦難の最序盤を乗り越えられたと言っても過言ではない。
みんなをここから愛していけるような気がしたんだ。

本編に関して総じて言えば序盤のつまらなさと終盤の面白さの落差が凄かった。
序盤で投げてしまうのは勿体無いのでぜひゴールまで頑張ってもらいたいところ。
ちなみに最終盤の面白さはそこまででもない。

タグ: , , , , ,

« | »

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Return to Top ▲Return to Top ▲