« | »

2013年09月01日 (日)

PS Vita『とってもE麻雀』

『とってもE麻雀』タイトル

更新履歴

2013年09月02日 公開
2013年09月06日 「総評」追記
2013年09月24日 「関連記事一覧」更新


プレイ状況

2013年09月02日 全キャラクリア済み。トロフィー取得率68%
2013年09月12日 トロフィー取得率100%達成
2013年09月13日 全ピースイラスト解放




コメント

イカサマアイテム有りのよくある脱衣麻雀ゲーム。
プレイヤー、女の子、モブ CPU 2人の4人打ちな点と、勝利条件が点数以外に課せられているところが珍しい。
勝利条件は「点数◯◯点以上で終局する」「誰か1人をトビにする」「ツモ和了りのみで1位になる」等。
ゲーム要素が強くてガチの麻雀を打ちたい人にはオススメできない。

一緒に卓を囲むモブ CPU はお邪魔キャラ以外の何者でもなく、自身の勝利に関係ないところで安手を和了ったりリーチした女の子に最速で差し込んだりともうやりたい放題。
実質 1vs3 に近い状況でストレスを感じる場面もあったり。
それでも点数勝負なら問題なかったのだが勝利条件との合わせ技がとにかくキツい。
イカサマアイテムを使っても先を越される時は越されるし。
女の子との点数差で勝った・負けたじゃダメだったのだろうか。


総評

★★★☆☆ (3/5)

DLC キャラ「相坂ひかり」の可愛さに首ったけ。
他のキャラは正直イマイチ。
特にデフォルトキャラの魅力のなさは半端ない。

ギャラリーモードのタッチ機能は完全に謎。
エフェクトと SE は出るけど女の子自体には何のリアクションもないので結局意味なし。
チャプター5は勝利条件も厳しいが「これに勝てばこの子は攻略完了」という気持ちと専用 BGM の相乗効果でとにかく楽し気持ちいい。
DLC キャラの BGM は何ならずっと聴いていたいぐらいの良い曲。

評価の足を引っ張ったのは勝利条件とモブ CPU の存在。
クリア条件を考えつつ麻雀を打つことに楽しさを見い出せなかった。
モブ CPU も勝利条件が絡んだ時に鬱陶しいだけなので次回作では純粋な得点勝負にしてもらえないだろうか。
なんだかんだ言ったけど次回作を望む程度には愛着はあるタイトル。

タグ: , , , , ,

« | »

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Return to Top ▲Return to Top ▲