Uunz

カツカレー大盛り。特盛あるんやったら特盛いってやりたいですけどね

水鏡先生の映画消化村塾 第8回『るろうに剣心 京都大火編』(視聴1回目)

『るろうに剣心 京都大火編』タイトル画面 コミックの実写映画化に良い印象が全くなかったんですが悪くねぇ!
「おろ?」を始めて聞いた時は「キッツイなぁ」と思ったんですが人間というのは慣れる生き物で。
観終わる頃には平気とは言わないまでも割と大丈夫にはなっていました。

キャラクターの絵面の地味さは実写の限界ということで致し方ないか。
志々雄様だけはよく出来ていたと思います。
まぁ全身包帯巻きだから再現しやすいというのもあるでしょうが。

見所はやっぱり戦闘シーン。
もう原作コミックの方の戦闘シーンがどんな感じだったか覚えてもいないんですがよく出来ていると思いますハイ。
中でもお気に入りは”刀狩”の張戦。
大人数を相手にしてのアクションも悪くないんだけど男ならやっぱりタイマンでしょう。
何やってるか分かりやすいしね。
あと戦闘シーン以外のアクションシーンも頑張っています。
全体的に凄いです。

やたらと張推しになってしまって申し訳ないんですが張の関西弁好き。
モブの時代劇調関西弁嫌い。
観る前の不安とは裏腹に楽しめました、★★★☆☆。

コメントを残す

Return to Top ▲Return to Top ▲