Uunz

カツカレー大盛り。特盛あるんやったら特盛いってやりたいですけどね

映画『ピクセル (金曜ロードSHOW!版)』を観る

変な時間に起きてしまったので、
映画『ピクセル』1 『金曜ロードSHOW!』にて今年の9月15日に放送された映画『ピクセル』(※リンク先 BGM 再生注意)の録画を観ることにしましょう。
1ゲーマーとして「観たい」という気持ちはあったのですがとにかく1人で映画を観る習慣がないので今日までずれ込んでしまいました。
一度観始めると間に何も挟みたくないので「2時間」というまとまった時間を用意しなくちゃいけないのが現代社会ではなかなかのネックでございます。

映画『ピクセル』2 まずはゲーム要素よりも主人公のサムにガッチリハートを掴まれまして。
セリフのユーモアセンスが素晴らしく、映画鑑賞時には珍しく声を上げて笑ってしまいました。
早朝のテンションで私がおかしくなっていたことにしておいてください。
画像はこの映画で一番好きだったセリフです。

映画『ピクセル』3 特に面白かったのは人を煽っている時ですね。
煽りスキルはやっぱりゲーマーには必須の資質なんやな、って……
大統領執務室に入る時の件なんか最高でした。
何が煽り全一や!? 全宇宙一やお前!

映画『ピクセル』4 あとチョイ役でしたがイギリス首相も良いキャラクターでしたね。
僅かな出番で強烈な印象を残していってくれました。
この表情と「あたりき!」の組み合わせはズルいですよ!

肝心のゲーム要素ですが上手く映画に落とし込めていたのではないかと思います。
なんとなく「一生光線銃を撃って終わらせるんだろうな」と決めつけていたので、ちゃんとそれぞれのゲームに合わせた戦い方が展開されたのには感動しました。
さすがにアメリカ映画をナメすぎですか、これは失敬。

ただ最後のゲームだけは全然ダメでしたね。
演出・表現の問題ではなく題材となったゲーム自体が映像媒体と相性悪すぎました。
まぁラスト30分はあらゆる点から見て褒めるところが無いのでこれだけのせいにはできませんね。

総評ですが娯楽映画としては悪くない作品だと思います。
終盤がイマイチなのも「後を引かない」という風に見れば悪くないのかもしれません。
終わり方が良すぎる映画だと余韻を現実世界に引きずっちゃうからね。
うん、全然フォローになっていませんねこれ。

コメントを残す

Return to Top ▲Return to Top ▲