2016年06月26日 (日)

『GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-』身内戦を振り返る 2016-06-26

『GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-』プレイヤーマッチ部屋 今回の私内テーマはベッドマン強化合宿です。
『GGXrdR』大人数身内戦初の1キャラ縛りでとにかく実戦経験を積ませましょう。
必然的にこの記事は自分ベッドマンの課題・反省点まとめになるのでみんなを楽しませるような画像は用意できません。
自キャラの反省は各自でやってね!

『GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-』ベッドマン タスクA VSラムレザル しゃがみガード 一日一万発、感謝のタスクA!!
というワケでそれはもうウンザリするほど投げました。
それでもまだタスクAが帰ってくるタイミングがよく解っていません。
復路と本体の攻め込みタイミングを合わせるためにも1度トレーニングモードでじっくり観察した方が絶対いいナリ。

『GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-』シン ジャンプ VSベッドマン ジャンプ(黄RC) まだまだやらかしました、「高速昇り中段当たる前黄色ロマキャン」
画像は読まれてジャンプされていますがそれとは無関係にやっぱり攻撃判定が出る前に黄RCやっちゃってました。
対人戦初投入となった前回の小対戦会よりも成功率は下がっていて、ヘタすると今回は1度も赤RC出来なかったんじゃないでしょうか。
最後の方は諦めてもう狙うことすらしなかったもんね。

『GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-』ベッドマン 前ステップ VSソル バックステップ 渾身のダッシュこすりもいい加減読まれ・誘われすぎてマズい感じに。
身内戦後に思い出したけど、そういえばベッドマン講座の動画では「前ステが不発ったら黄RCしろ」って言ってた。
後で思い出したので身内戦中はそれはもう酷い有様で。
「当て身判定のある前進行動黄キャン」は強力だと思うけどそこにゲージを回していいかは悩まし乙女。
『GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-』ベッドマン 空中タスクB(黄RC) VSレイヴン JHS 逃げに関しては空中タスクB黄色RCもあることですし。
とりあえず突進技が読め読めの時以外前ステップは封印する方向でいきましょう。
もう安易にはこすりません。
今度はウソじゃないっす。

『GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-』ファウスト ダウン VSベッドマン 2D 手癖で入力しているからしょうがないんですが【ガトリング→2D(足払い)締め(→タスクA重ね)】も絶対こんな頻度では要りませんね。
矯正して【ガトリング→2HS→遅らせタスクC】か【ガトリング→2HS(jc)→JS→空中タスクB】に変えたいところ。
火力のないベッドマンなんてただの寝たきり老人や。

『GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-』カイ 近S VSベッドマン サイノソイダルヘーリオス こうやって振り返ってみると死ぬほど完成度低かったですね、私のベッドマン。
それはもうどれから手を付けていくか迷うぐらいに。
こりゃあ明日からのトレーニングモードが捗りますぞ。
どうでもいいけど、ギャグ漫画でよくある「耳からジュース吹き出してる描写」みたいでこのコマ好き。

タグ: , ,

最近の密かな楽しみ

ジャンプ+『Mr.FULLSWING』梅雨限定企画 ワタクシ最近ジャンプ+の『Mr.FULLSWING』梅雨限定企画を密かに楽しみにしておりまして。

このキャンペーンは「世界のどこかで雨が降ったら1日1巻無料開放される」というものなんですが、雨が降るという予報さえ出れば実際に降ったかどうかは関係ないみたいです。
それを世界規模で見てくれるので、まぁ毎日新しい巻が開放されますわな。
死ぬほどゆるいルールなのでジャンプ+の方も解っていて客寄せ目的で全巻開放するようなルールにしたんでしょうけど。
こんな世知辛い現代社会でも「Win-Win の関係」は成り立つんだよなぁ。

連載当時好きだった記憶があり懐かしさ半分で読み始めたんですが、今読むとなんでこれが好きだったのかはサッパリ分かりませんね。
野球漫画としては滅茶苦茶だし、野球と同程度を占める割合のギャグ要素は作品名の通り「三振かホームランか」という安定のしなさだし。
もちろん、言うまでもなく三振の方が圧倒的に多いです。
ギャグってのはそういうもんだ。
でもなんだかんだ野球展開の続きが気になって、毎日の更新を心待ちにしています。
俺ってホントちょろい読者さん。

ちなみに「好きだった」という記憶はあるんですが連載終了まで読んだという記憶がありません。
週刊少年ジャンプは何回か卒業しては数年後復帰してを繰り返しているのでそれで抜けちゃったんですかね。
今度こそ最後まで読んだるからな。

タグ: , ,

Next »

Return to Top ▲Return to Top ▲